プログラムの内容

ひとりひとりの想いをカタチにする7日間

事前(Premtg)、事中(本番)、事後(Aftermtg)と充実したプログラム

陸前高田市広田町で行われる本番の1週間と東京での事前・事後研修があります。

1. Pre MTG(事前研修) in 東京

1週間の現地での活動をより良くするために東京で事前研修を実施します。
事前研修では以下のことを行います。

・プログラムでの目標を明確化
・コミュニケーション、ファシリテーション等、現地でより活動し易くなるための研修
・チームビルディング
・懇親会

プログラム1週間のロールプレイング等を中心に行い、実際に現地に一緒に行くメンバーとの顔合わせを行います。その中でも、プログラム中の目標を明確にすることを大切にしています。参加動機、達成したいこと、プログラム終了後の目指す自分の姿などについて一緒に考えます。
スタッフも毎回様々な想いをもって、参加者の皆さんの目標に寄り添い、プログラムを皆で創り達成することに挑戦します。

※Pre MTGは原則参加とさせて頂いております。どうしても都合が付かない際はスタッフが個別に対応致します。

2. 現地プログラム in 陸前高田市広田町

ー7日間の広田町での活動ー

(1)広田町の魅力、課題を見つけ出す(1日目〜4日目)

広田町の方達と運営スタッフが主体となり考えた「体験プログラム」参加者が自由に広田の町を巡る「フィールドワーク」、6日目に実行するアイデアを考える「(アクションプラン)会議」などを中心に、町の魅力や課題を見つけていきます。

体験プログラムは広田町の方と運営スタッフが町の資源を使いながら、町にできることが増え続けるためにアクションをしているものです。広田町の方にとっても運営スタッフにとっても挑戦する場となっています。
生活体験だけでなく、若者と広田の方のアイデアを混ぜ合わせたアイデアが実施されています。

フィールドワークは目標設定、実行を参加者の皆さんが決定するため、とても自由度が高いです。
過去には6日目のアクションプランの協力者としてスタッフが知らなかった広田町の方が現れたチームもありました。

アクションプラン会議では日中感じたことや広田の方から聞いた話をもとに、6日目に実施するアイデアを考えます。
ファシリテーションのスキルを導入しながら、大学生同士が自分の思っていることを本音で語り、チームとして1つの目的やアイデアを作っていきます。

(2)アクションプランを計画し実行する。(1~6日目)

今後の日本社会でおこる社会課題や自分自身の挑戦を踏まえながら、体験プログラム、フィールドワークから得たものをどのように活かし、解決していくことができるかを考え、アクションプランを作成し、実行(6日目)に向けて動きます。
アクションプランの作成では、皆で目指すべきことを話し合い、決定することを大事にします。アクションプランの実施では、たとえ少ない人数だったとしても目の前の方に向き合い、最高の一瞬一瞬をつくりだしていくために、チームで挑戦し続けます。

(3)成果を報告し、まとめる(7日目)

1週間で感じたことを発表する場です。アクションプランの目的、実行までの過程、成果をそこで町の方に向けて報告します。毎回多数の広田の人が報告会に訪れ、参加者の発表を通して、広田町の魅力を再認識します。

3. After MTG(事後研修) in 東京

1週間のプログラム終了後、振り返りをすることで更に大きな経験・学びへと落とし込みます。
事後研修では以下のことを行います。

・現地研修の振り返り
・7日間を行う前と行った後の比較
・互いのフィードバックを通して学びを深める
・懇親会

実際に行った過程を追い、自分たちの広田での活動を振り返ります。現地で何を見て、何を感じ、何を学んだのかを自分の中に落とし込み、7日間を1人1人の未来に繋げるための土台を作っていきます。

限りない可能性に共に挑戦していきましょう!
「未来は自分の手で、仲間と共に創り出せる」

 

参加したい方はこちら!!

 

< CMSPとは 得られること >

LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉