VOICE

卒業生の声 2021/10/17

想像もできなかった未来へ

未来のために何かしたいけどどうしたらいいんだろう、、、と悩むあなたへ

突然ですが、、、

5年後、あなたはどこで誰と何をしているでしょう?
そして、5年前に今の自分がやっていることが想像できました??

ぜひ、目を瞑って想像してみてください。
どうでした?僕はちっとも想像できませんでした笑

僕は想像できなくても良いのかなと思っています。
今、僕たちの生活の根底を変えてしまった新型コロナウイルスの流行なんて誰が想像できたでしょう?
簡単に僕らの生活は変わってしまうんだなと感じました。

でも変化の激しい生活の中で、こんなことをよく聞かれます
「あなたは将来何をする(したい)の?」
そして、成功のためには、「目標を立てて、達成していくことが大事」と言われます。
よく成功している(ようにみえる)人の話を聞くと、目標を立てることや未来を描くことが必要だと言います。
僕はこういう言葉を聞くと焦ります。
「何か挑戦しなきゃ」「目標を立てなきゃ」と、、、
もちろん重要な要素かもしれませんが、こう考えていくとどんどんハードルが上がっていきます。
しかも、誰もその目標が達成されたり、何か始めたりするのを待っていてくれません
迷っているうちにどんどん世界は変化していきます

だからこそ、僕は「試してみることに価値がある」と思います
「試してみること」は挑戦とはちょっと違うと思っています。
なんというか、挑戦って失敗はつきものという癖に成功するためにやるもんな気が僕はします。
ただ「試してみること」には、成功も失敗もありません。ただやってみるだけ。
これが意外と面白い

人は実験が好きな生き物だと思います。
だからかな、「試してみること」って面白いんですよ
面白くて、楽しい
そんな瞬間が増えていったら、幸せだと思いませんか?
次はどうなるのか楽しみな人生って僕は素敵だと思います。
そして、それは意外と目の前にたくさん転がっています。
「あ、面白そう」って思ったことをたくさん試してみてください。
それも思いっきり、やってみるのが大事です。
一つだけと言わず、いろんなことを試してみてください。
気づいたら、自分の人生、思わぬ方向に行っているかも!

ちょっとした話ですが、僕のここ5年について。
5年前はバリバリの教師になりたい人でした。
母子家庭だった僕にとって、学校が居場所だったので、そんな場所を作りたいと思って教師を目指しました。
大学の友達に誘われ、「やってみっか」とNPOの活動に参加してみた
田舎でコムローイと呼ばれる熱気球を0から作ってみた
NPO活動の学生リーダーをやってみた
誰かに決められたり、すでに決まっていた道とは違う道を試してみました
そんな5年後、僕は地方の田舎にあるNPOで働いています。
全然予想もできませんでした。でも、最高に楽しいです。

未来のために何かしなきゃと気負うことも、挑戦という言葉のハードルも必要ない
「これは面白そう」という心を動かして試しているうちに、人とは違う自分だけの人生に巡り会えます。
一度きりの人生、やってみないとわからないことばかりです。
どうせなら、自分だけの人生を生きてみたいと僕は思います。

ぜひ、たくさん試してみてください
そして、5年後のあなたにこう聞いてあげてくさい

この5年間、何を試してきた?って

VOICE一覧