広田町とは?


 岩手県陸前高田市広田町について

「50年先の課題に直面する町」

岩手県の南東に位置する陸前高田市。
その中でも、半島に突き出た一番先の町が「広田町」です。
広田町は2011年3月11日の東日本大震災により被災しました。

震災以前から
人口減少、少子高齢化、人口流出、雇用の減少が進行していた地域であり
町の存続自体が危ぶまれていました。

町の方からは
「50年後、広田町は無くなるかもしれない」
という言葉をもらいます。

広田町は50年後、日本全域、世界諸国で抱える課題(高齢化、人口流出)が山積し
既に始まっている地域なのです。

 S__25559102

 

「なぜ、広田町なのか?

広田町は、漁業が盛んな町です。
一昔前は、海から漁港に多くのの人が町に訪れ
様々な価値観が行き交う中で町が作られていきました。

しかし、港が徐々に衰退する中で
町の活気は徐々に失われ、日本にある多くの地域と同じ様な課題を抱えるようになりました。

そして「2011.3.11」が起こりました。

社会の価値観が大きく転換した瞬間でした。
広田町も「3.11」をキッカケに、町の外との新たな交流の機会が生まれ
改めて、自分たちの「町」をどうしていきたいのかを考えることが始まりました。
今、広田町の人達は、過去を想い未来に向かって進んでいる途中です。

「将来の子ども達がこの町で暮らせる、生きていける町」
「外からの新しい風を受け入れ、その風を何倍にも世の中に返していけるような町」

広田町には、未来に向き合う「本気の人達」がいます。
可能性を諦めずに挑戦し続ける人達との「心」そのものが
誰も経験したことのない人口減少社会を迎える
日本の未来にとってなによりも必要なことであり、可能性になっていくのです。

CMSPとは①


広田町の魅力を活かし

超高齢化社会に突入する日本の未来へ希望を創る。

広田町が直面する課題は
今後の日本が直面する課題でもあります。
その課題を解決することが今後の日本の未来への希望です。

町には課題を解決する持続可能な未来へのヒントがたくさん眠っています。
「三陸海岸の漁業の暮らし」「正直に生きる町民の心」「獲れたて、新鮮な食材を分かち合う文化」

様々な視点で町を見つめ、暮らしの中から学び、繋ぎ合わせ
広田町から日本の未来に本気で挑戦していく1週間を共に創ることを目指しましょう。


<<広田町の人々                            広田町の暮らし>>


★CMSPとは何か!?

>>Change Maker Study Programとは? 

 

★気になった方は、無料説明会へ

>>無料説明会

 

参加申し込みはコチラ

>>参加の申し込み

 

質問などはお問い合わせください

>>お問い合わせ