Q&A

このページではプログラムに関するよくある質問にお答えしています。


Q.参加することでできることはなんですか?

A. 誰かのために本気で取り組む経験を通して、「本当になりたい姿・在り方」が明確になり、自分自身の可能性へ一歩を踏み出す「心」とその一歩を応援してくれる「仲間」・かけがえのない「広田町」という居場所ができます。
その上で、プロジェクトマネジメント、ファシリテーション、地域活性化の現場視点など基礎的な知識を知り、実践することができます。

DSC_0592

 


Q.ボランティアではないのですか?

A. 当プログラムは一般的なボランティア活動ではありません。実践型の町おこしプログラムです。町の課題解決を通して、最大限の「挑戦の場」を提供します。1日ごとの会議を通して考えをまとめ、一時的じゃない価値を考え抜きます。

10850618_492760807528598_1590063642_n

 


Q.運営主体はどんな団体ですか?

A. 岩手県陸前高田市広田町に所在地を置くNPO法人SETが運営主体になります。東日本大震災をきっかけに、任意団体である復興支援団体SETとして2011年3月13日から活動を始め、2013年6月から現在までは、まちづくりに挑戦する「特定非営利活動法人SET」として活動しています。詳しくは下記公式ホームページをご覧下さい。

特定非営利活動法人SET公式HP

 


Q.どんな人が参加しますか?

A. 社会貢献に興味がある方、チームで一つのことを本気でやってみたいと考える方、田舎、地方に興味のある方、新たなチャレンジをしたい方、東北・陸前高田の地に訪れたい方、自分自身を変えたいと参加して下さる方等、参加理由は様々です。
一人で応募して頂く方がほとんどですが、お友達、お知り合いと参加することも可能です。また、参加者は大学生が中心ですが、高校生や社会人の方が参加して下さることもあります。

DSC_0094_4

 


Q.応募資格を教えてください。

A. 基本的には18歳以上の方を対象にしています。未成年の方の場合は保護者様の同意が必須となります。

DSC_0668

 


Q.プレミーティング、アフターミーティングは参加必須ですか?

A. 基本的には参加を原則とさせて頂いております。もし参加が難しい場合は、別日程で個別で対応させて頂きますのでご相談ください。

 


Q.参加したい場合はどうすればいいでしょうか?

A. 毎年3月ごろに行われる春のプログラムは12月ごろに、9月ごろに行われる夏のプログラムは6月ごろに募集を開始します。下記リンクより参加までの流れをご確認いただけます。

参加までの流れ

 


Q.プログラム中はどこに泊まるんですか?

A. 主に公民館や当法人が保有している古民家などに泊まります。事前にスタッフが清掃などをしております。

 


Q.わからない言葉について教えてください

A. わたしたちがよく使う言葉をいくつかご説明します。

◇ダイアログ
一つのテーマに対して、みんなが意見を載せていくことです。出た意見に対して否定せず色々な面から物事を見ることで、新しい視点が生まれることもあります。

◇チームビルディング
個人ではなく集団で一つのゴールに向かって進んでいく際に、組織づくりやチームをまとめる手法のことです。

◇フィールドワーク
町を歩きながら町の人に話を聞いたり、町について知ることです。

◇アクションプラン
町の人と大学生が一緒に町のために行動する計画のことです。大学生が過ごす一週間の間行われる会議で作成します。また、アクションプランを略してAPと呼ぶこともあります。

◇プロジェクトマネジメント
チームに与えられた目的を達成するためにプロジェクトの立案や管理をすることです。


その他ご不明な点やご質問がございましたら、下記「お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページへ

 

< 参加したいへ戻る

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。