何かに取り組む輝く姿を

こんにちは!第5期Change Maker Study Program 共同プロジェクトリーダーの石渡博之(いしわたひろゆき)です!

通称、わたぽん(もしくはわたる)と呼ばれています。

初めての投稿ということで何を書こうか考えた結果、Change Makerに関わり始めてもうすぐ1年なので、一年前のことを振り返ろうかなと思います。

お付き合いください(^◇^)

 

僕が東北の“被災地”に初めて行ったのは大学1年のゴールデンウイークでした。大学のボランティア団体のメンバーとして東北の地に降り立った時、テレビで見ていた風景との差に衝撃を受けました。

その時初めて訪れた“被災地”が陸前高田市でした。

何も知らなかった・知ろうとしなかった自分への〈後悔〉と、何ができるのか・何もできないのではないかという〈不安〉

この二つの感情が入り混じりました。

 

しかし、子どもから大人まで関わる人が自分と話している時に〈笑顔〉になってくれる。たった一人の〈笑顔〉でも無力な自分が生み出すことができる。

その実感がこの東北でもちっぽけな大学生が何かできるという、希望を芽生えさせました。

 

そして1年生が終わる春休みにChange Maker Study Programに出会いました。

何かできるかもしれない!という希望はあるけれど、行動に移すことができずに悩んでいた時期でした。

2014年の3月、第3期の参加者として一週間のプログラムに挑戦しました!

1395495980715

自分と向き合う…「自分の本当にやりたいことは?」「自分はこの7日間・そしてその先どんな人間になりたいのか?」

他人と向き合う…「この人はなぜこの発言・行動をしたのか?」「このメンバーで達成したいことは何か?」

町と向き合う…「この町の魅力・課題は?」「この町に何が残せるのか?」

他にもたくさん考えました。時にはつらいこと・逃げ出したいこともありましたが、

その先にある、「本当の自分」「本当の仲間」「本当の居場所」を感じる7日間でした!

 

 

今、僕は第5期プロジェクトリーダーとして学生スタッフと広田町の方と一緒にプログラムをつくっています!

ここまで何かに夢中になっている自分を一年前は想像していませんでした。

部活でも勉強でも仕事でも何かに夢中になっている人は、みんな輝いています!

そんな姿の自分と広田町で出会いませんか??

興味のある方は無料説明会へ!(http://1week.set-change-maker-program.com/?page_id=27)

1404064544971

 

プロジェクトリーダー 石渡博之(青山学院2年)

関連記事

  1. 広田の「こんなところが素敵!」 vol.3

  2. 走り抜けた一週間

  3. 抱く想いに素直になり、熱くなれた自分

  4. 小さな変化を大切にする

  5. 広田の魅力とは?

  6. Re-SETイベント〈広田COOKING〉

  7. 思ったままに!

  8. 非日常/地元視点~キミがここに来ること~

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉