想いの大切さ!

『想いの大切さ!』

黒川淳(31期参加者)

私がCMSPの活動に参加したのは、大学の友人に誘われてその友人と一緒に活動できればいいなという軽い気持ちからでした。
私たちのチームは小祝(こいわい)浜という浜に恋祝(こいいわい)浜神社を建てるプランを実施しました。
しかしこのプランの実行までの道のりは決してスムーズなものとは言えませんでした。
私は考え過ぎの性格でよく硬直してしまい、ミーティング中に他人の意見をあまり聞けなくなってしまうことがしばしばありました。
多分自分がその場を楽しもうとする気持ちが殆どなかったのかもしれません。そんな時、チームのメンバーから「心からのワクワクや、自分の想いが大切なんだよ」とアドバイスを貰い、その重要性に気づくことができたのです。


恋祝浜神社のプロジェクト当日。このプロジェクトでは浜に集まった町の人の家族や友人への「想い」を町の人に代わって私たちが叫びました。町の人には「本当にありがとう。普段言わないことを言ってもらえて本当に嬉しいよ」と言ってもらいました。私は喜びのあまり目が涙であふれていました。当時の嬉しさを表現すると、何とも言えないかけがえのないものであったと思います。


この7日間のプロジェクトでは、広田町での活動、チームでの共同事業を通じて自分の想いだけでなく他人の想いも大切だと感じました。しかし、想いを伝えるのは決して簡単ではありません。時には人を傷つけることもあるでしょう。でも人の想いが繋がっているからこそ陸前高田市広田町や31期に良いものが残せたのではないでしょうか。この活動を生かして、将来私も「想い」やその繋がりを少しでも大切にできる社会人になれればと思います。

関連記事

  1. 踏み出した、そのあと。

  2. 「ただ、ひたむきに。」

  3. 広田の「こんなところが素敵!」 vol.6

  4. 抱く想いに素直になり、熱くなれた自分

  5. 本気になれる、そんな場所

  6. 町民になって初めてのCMSPは素敵でした。

  7. 広田からおばんです! ~現地の方々の想い~ vol.3

  8. 2016年春期Change Maker Study Programのプ…

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉