”あなたへ”、「もう一人の自分」いませんか?

Change Makers 事業部 部長 岡田勝太

  

 

突然ですがみなさん、大学卒業したらどうなってたいですか?

一般的な企業に就職して、ある程度いい生活をして、幸せになりたい。

 

うんうん。それはいいですね。

僕もそう思ってました。高校3年生までは事務をしている公務員になりたかったんです。

面倒なことはいやでした。イージーモードにある程度幸せでよかったんです。

 

でも、敢えて、今読んでいる”あなた”に聞いてみたいのです。

 

本当にそれでいいんですか?

何か、諦めてませんか?

 


実はもっと自分の心の中に何か違和感を抱えた、正直になりたい「もう一人の自分」いませんか?

 

僕は6年半前に震災のあった陸前高田市広田町と出会いました。
当時、大学2年生、別に将来のことなんてあんまり考えてませんでした。
でも、楽しく、幸せに生きたかった。

 

この町に出会って突きつけられた現実は

昨日まで、ふつーに暮らしてた日々が、今日終わりを告げるということ。

 

広田町にきて、よく聞く”人生は一度きり”という言葉の意味がバシバシ伝わってくる。

本当に自分の心の中の”何か”を震わせました。

気づいたんです。

 

自分、明日死んでも後悔しないくらい生きていられているんだろうか?って。

 

たった一度の人生を後悔なく生きれているのか?って。

 

■「明日なんでもやりたいことが叶っているよ」と”あなた”は何がしたい?

 

もし、魔法のランプをさすって、ランプの精が出てきて

「明日にはなんでも夢が叶ってるんだ!何がしたい?」

そう聞かれたら、あなたは何が浮かんできますか?

 

きっと、今”心”に浮かんだこと。

それがあなたの本当の想いなのだと思います。

 

 

でも、それはできないなって思ってるんじゃないでしょうか?

現実的に考えて。。。
今の環境じゃできないから。。。
今じゃなくてもっと力をつけてから・・・

 

じゃあ、いいんですか?その想い。

ちょっと勇気を出して行動してみませんか?

まずは一歩目から。

 

”あなた”へ、声を大にして伝えたいです。

 

「できる。」「できるぞ!」

「だから、チャレンジし始めよう!」って。

 

あなたに全力で伝えたいです。

 

■広田町は「やりたい!」を「できる!」に変えていく町なんです。

 

広田町は人口減少が進んでいく、何にもない町です。

でも、「できる!」って信じて頑張っている人たちがいるんです。

きっと、”あなた”にとっては無駄な努力と思うかもしれません。
でも、きっとあなたの想像しているよりも

何倍も楽しそうに今を生きていると思います。

 

自分の人生を自由に生きている人がこの町にはたくさんいます。

たった”一度きり”の大切さを知っているから。

 

そして、あなたにとってそんな人たちと本気で何かに向かって行く経験は

あなたが本当の意味で未来に進む大きな一歩になると思っています。

 

僕はそんなチャレンジしたい人が集うことに

すごくワクワクしています。だし、今読んでいるあなたがきてくれることをすごく楽しみにしています。


だから、一緒に“魔法のランプ”を、さすってみませんか?

 

CMSPへの参加はこちら

 

関連記事

  1. 「ワクワクって楽しいね!!」

  2. 中沢浜だからこそ見つけた気づき

  3. 「自分」を受け入れてくれる仲間

  4. 優しさの価値観の大切さ

  5. 今の自分を誇れるか

  6. Change Makerであること。

  7. 気づきと、格闘しつづける。

  8. あなたの為に。「当たり前」のことを当たり前に。

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉