Cause drama

CMSP 29期リーダー 山本晃平(横浜国立大学 2年)

どれだけ今なんとなく流れてる日常にドラマを起こしていくか。
将来、どんな仕事でもそれを感動を届けるものにしたいと最近考えた僕の半年間の挑戦はここにあります!

ドラマということについて、もう少し自分の気持ちを載せて書いていきますね。

僕は毎日なにか楽しいことが転がってないかなと思いながら毎日を過ごしています。
その楽しさは、日常では気づかないようなちょっとしたサプライズのような、それこそドラマティックなものです!
例えば僕がアルバイトで接客をするとき、普通の接客+αで何か一言付け加え、料理の説明を面白く伝わるようなものにしてみたり。

そうするとお客様からしたら「普通の店員さん」から少し非日常がこぼれてきて、あらあら不思議、なんだか料理を食べる前だけどすでに楽しそうな顔をしてくれます!(笑)

僕からしたら毎日やっていること。

でも相手からしたらその食事はたった一度の楽しい日!だって喜ぶ顔を見るの好きなんですから!ちょっとくらいのアクセントいいじゃない!
おやおや、次は何が起きるんだろう。なんだか明日が楽しみだなー!
そんな小さなドラマに心を躍らせることができて、周りの人もこっそり楽しめるような毎日を過ごしていきたいなと思っています!

舞台は変わってChange Makerと広田町。

さあ、この広田町!

人は減っていくし、年を重ねるばかり。

残りの人生にあきらめも飽きも感じている人がたくさんいる。

だからまだある。だからこの町に起こせるドラマはいっぱいあると僕は信じてます。

その作り手になり、町の人と最高の仲間たちと生きることが楽しみで仕方なくなる、そんなこの町の未来を描いていきたい!!

なんてったってこの町の人たち、歯をむき出しにして、しわが増えるのをまるで拒まずくしゃくしゃに笑います。(笑)

だから喜ばせ甲斐があるんです!

 

そのためにも、相手が喜ぶ顔を期待して、小さなドラマをこの半年間でたくさん起こしていけたらなと思っています!

是非、一緒にCause dramaしましょ!

 

関連記事

  1. 夢を見ることができれば、実現できる。

  2. 「自分」を受け入れてくれる仲間

  3. 楽しく笑顔に!!!

  4. 頑張るとは諦めないこと

  5. 踏み台したい一歩!みんなで一緒に!!

  6. 自分の心に素直に

  7. キミの素直な『やりたい』は何?

  8. ”あなたへ”、「もう一人の自分」いませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。