【あなたに向き合うこと】

春季CMSP16期スタッフの法政大学4年(プログラム当時3年)の牟田日向子です。

CMSPは一年前の春季プログラムに参加して、その後の夏季と今回の春季プログラムでスタッフとして活動していました。

もともと地域活性化を大学で学んでいて、そこから出会ったCMSPに出会いました。

「町は人でできている」という考えや、だからこそ「目の前の人の笑顔」のために考えて行動する、というところに共感してスタッフをやっていました。

さて今回のプロジェクトでは、そんな「目の前の人の笑顔」が大切、ということは最初からわかっていたけれど、それをまた何度も考えさせられることが多かったなと感じます。

私たちが活動している喜多の大好きな人たちが、地域づくりを考えたり町の未来を明るく考えたりしてくれたらいいな、という想いで活動を続けていく一方、
そうやって意識の変化が起こることが町の人の幸せとは限らないかもしれない。人の意識を変えるのは難しいし、そんなの傲慢だとも思ってしまったり。
または大学生と関わってくれるのが喜多の人にとって負担になっているのではないか、そんな不安もずっと持っていました。

それでも、だからといって何もやらないのは私にとっては違うと思ったし、ただしっかり人と向き合い続けていくことだけなんだな、と改めて思わされました。

私たちが思う理想をどうやってこの町で叶えていくのか。
正解はわからないし、選んだ道を正解にしていく。

CMSPにはこの社会を生きていくために根本的に大切なことを何度も何度も考えさせられます。
そこで掴み取った、綺麗事に聞こえるけど実感した大切なことを、これからも大事に胸に抱いていければいいなと思います。

抽象的なことばかりになってしまいましたが、詳しくはぜひ私や仲間たちに聞いてみてくださいね。きっと実感したことをちゃんと「あなた」に向き合って伝えてくれます。

この文章を読んだ一人でも多くの人がCMSPと広田に興味をもってくれますように!

牟田日向子

関連記事

  1. 僕の変化

  2. 決意の先にあるもの。

  3. その瞬間に素直な自分

  4. 広田に行かなければ、出会えなかった幸せ

  5. 心が温かくなる半年間

  6. 扉を開けたらぽかぽかしてた

  7. 最高にあつい仲間と広田町の人に出会って

  8. 大事なあなた

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。