広田で生まれたつながり

Change Maker Study Program 16期 三橋尚矢

私は1週間の広田町での暮らしを経て、人とのつながりの大切さを実感しました。出会ったばかりのチームの皆と広田へ行き、またそこで人と知り合う、CMSPの活動の中にはたくさんの出会いが詰まっていました。

広田町では自分の大切なものを探し、見つけたものをチームの皆や町の人々に伝えることを1週間を通して行いました。その中で、私が見つけた大切なものは「ありのままの自分でいること」です。広田の人たちは、初めて来たばかりの私たちを生活の中に温かく迎えてくれました。初めは人の生活に入っていくことに緊張しましたが、お手伝いをしたり食卓を囲んだりする中で、いつの間にか飾らずに振舞っている自分に気がつきました。その空間はとても居心地のよいものでした。広田で見つけた「ありのままの自分でいること」の大切さ、またその空間を共有できたCMSP16期の皆と広田の町の人たちが大好きになりました。

その人たちとのつながりを失くしたくない、大切にしたいという強い想いから、また広田に行くこと、これからも16期の皆や広田の人たちと関わっていくことを確信しています。人と人とのつながりというものはあくまでも偶然から生まれるものです。私がCMSPに参加したのも、大学の授業で偶然知り合った先輩の紹介がきっかけです。参加する前はあまり興味がなくて、どう断るべきか考えていました。しかし説明会でCMSPに、広田町に熱い想いをもっている人たちの声に突き動かされました。今、CMSPに参加して本当に良かったと誇りをもって言えます。反対に、もしあの時参加する決断をしていなかったらこれらの出会いは全て生まれなかったと思うと恐ろしいです。広田町での1週間はあっという間だったけれど、私の人生を確実に変えました。

広田で見つけた「ありのままの自分でいること」、町の人たちや16期の皆とのつながりを大切に生きていきます。また、私がこれから出会うたくさんの人たちとのつながりを大切にしていきたいです。

関連記事

  1. 町も人も自分も変えられる1週間

  2. ありがとう

  3. 古木小百合「今後に繋がる2つのこと」

  4. 私が変わったこと

  5. 特別な一週間

  6. 6期CMSP参加者の声~石川 哲郎~

  7. 6期CMSP参加者の声~丸山 詩乃~

  8. 「“変えたい何か”があるあなたに朗報です!」

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉