『CMSPでの広田、これからの広田』

Change Maker Study Program 16期 児玉和哉

この春、私はCMSP16期に参加しました。
2月27日から3月5日までの1週間で、岩手県陸前高田市広田町の喜多地区で、『暮らし彩プラン』を行ってくるプログラムでした。
最初、正直CMSPに参加するつもりで無料説明会に行ったわけではなく、私も大学のサークル活動で広田町を拠点にしていたということもあり、同じに地域で活動する団体について興味があったので、『見学』しようと思って行きました。
しかし、そこでスタッフの人と広田について、自分の夢について、CMSPについて熱く話していく中で自分の心に変化があり、参加する事になりました。

本番では、広田の方々や自然と触れることができ、都会では体験できない貴重な体験をすることができました。
広田の方々はもちろん、自分たちが新住民として広田での暮らしを彩らせるためにどのようにすればいいのか。
そして、このプログラムが終わった時、広田とどのように関わり続けるのか。
メンバー同士が想ったことを時には厳しく、時には涙を流しながら熱く話し合いました。
私も、なかなか広田の人やメンバーと向き合うことが出来ずに、自分の意見が言えない時もありました。
そんな時も、リーダーのたかしや岡ちゃん中心にメンバーのみんなが想っていることを正直にぶつけてくれて、その上で自分も思っていることを正直に話すことができ、お互いを理解し信頼することが出来ました。

そして、16期ではカレンダーや新聞、動画を作って上映会をする事になりました。
喜多地区で出来た大切な人を思って作りました。
最終日には、喜多地区の方々が集まってくださり一緒にこの1週間を振り返りながら、作成した動画や新聞、カレンダーを渡すことが出来ました!
喜んでいる姿は今でも忘れられません。
最後に、そんな大好きな広田の方々から新住民として認めていただくことができ、全員で万歳三唱した時は思わず涙が溢れて来ました。
それと同時に、再び今後広田とどのように関わり続けるのか。
1週間を終えた達成感より、この問いに対しての怖さというものの方が強く残りました。

私は今後この怖さから逃げずに、サークル活動で今後も広田と関わり続けていくので、広田の方々のために自分にしかできないことをしていきたいと思います。
そして、大学卒業後も関わりを切るのではなく広田を想いながら生きていきます!
この1週間は間違いなく今後の人生の糧になります。
CMSPに参加して良かったです!

関連記事

  1. 2015年の総括

  2. 広田からおばんです! ~現地の方々の想い~ vol.3

  3. 例えば地域活性のNPO。

  4. 一人の大学4年生の半年間

  5. 西念健登「もう一つの故郷」

  6. その人となりに恋をする。

  7. 仲間との出会い

  8. 〜 ChangeMakerStudyProgram第6期スタッフの想い…

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 民泊
  • CMC
  • たかぷろ
  • Café彩葉

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com