『思ってること綴ってます』

Change Maker Study Program 16期 芦川宙

チェンジメーカーはお互いをよいしょして馴れ合いで作るチームじゃなくて本当にお互いを信頼しあって託し合うチームがここでは創れるし、創ろうとみんなが思って行動するところほんとに好き。チェンジメーカーに関わってよかったって心の底から言えます。色んな自分に気づけました。それでこんな自分を置いていかないでしっかりと向き合ってくれるところもいい!

効率の良さを求めすぎてるがゆえにチームで盛り上がる何かを決定した時にその空間に自分がいなくなり、また先のことを考えてしまってることに気づいたし、またそのなかで自己成長したいからみんなの期待に応えなきゃいけないって思ってしまってみんな期待してないのに勝手に期待してると思ってる自分に気づけてみんなの期待に応えなきゃいけない義務感みたいなのを捨てることができたし!なんか今までの呪縛が取れたのかな?(笑)

踏み込む勇気、人生単位でこの人と関わると思ったときの怖さを感じました。いい意味でね!
ある広田の人がいて2日に1回くらいのペースで電話がかかってくる人がいます。(自分もかけてます笑)その人が毎回自分への想いをストレートに言ってくれてその人のなかには確実に自分という存在がいてすごく嬉しい!それに自分も確実にあなたがいます!!だけどその中でその人との関わり方、町との関わり方を考えさせられます。こんな自分でも明るく素直に受け入れてくれるし、本当に真剣に伝えたい気持ちを伝えた時に受け入れてくれる人たちが広田にはいます。そういう人たちのところへまた行きたいし、関わっていきたいしそういう人たちの気持ちを無駄にしたくないなっていうのもあります。
だけど、移住とかは考えてないからずっと一緒にいられないし、離れたくないし、離されたくもない。広田が好きだから。広田の人たちが好きだから。だからこその怖さがあります。町の人たちと関わったその時間の重みをいい意味で感じています。これからもどんな形でもいいから関わり続けていきます。そして16期のみんなともこれからも関わり続けていきたいと思ってます。よろしく!!

関連記事

  1. 見つめること

  2. 【この町がきっと好きになる!東京では感じられない人の暖かさとは?】

  3. 第6期ChangeMakerStudyProgram スタッフの思い …

  4. 広田の「こんなところが素敵!」 vol.6

  5. この先になにがあるのか。

  6. 言葉にすること

  7. 毎日の過ごし方の変化

  8. 「今」の自分を、この時を

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉