変わることの大切さ

第15期CMSP 深澤瑶典(ふっか)

青山学院大学文学部3年

図13

 

今まで自分は、誰かと正面から向き合うということをやってこなかった。単にそういう場面にこれまで出くわさなかっただけだと思っていたけど、今思えば、その場に直面しても向き合う必要がないと勝手に決めつけて、半ば逃げるように自ら目を背けていたのだろう。

そんな情けない自分が、チームのみんなにはすぐに見抜かれた。本気で向き合おうとしていないのに、広田町の人のために何かしたいとか、一緒にチームで頑張りたいなんて言われても、信じられないって。自分を変えることすら出来ないなら、誰かの人生を変えるなんて出来るはずがないって。

まずは顔を上げて。次は相手の名前を呼んで。考えすぎないで、今感じたことを素直に口に出して。

ほんの些細なことかもしれないけれど、絶対に変わる!絶対に向き合う!そう意識してがむしゃらにやっていたら、チームのみんなが「変わったな!」って言ってくれた。広田町の人たちに「変わったね!」って言ってもらえた。

ああ、難しく考えすぎてたんだ。人と向き合うって、簡単とは言わないけど、思ってたよりも難しくないんだって思えた。

最終日に広田町の人に「また来てね」って言われた時は思わず泣きそうになった。泣くべきだったかもしれない。それだけ自分が広田町の人たちを好きになっていたんだと実感した。誰とも向き合わないままでいたら、絶対にそうは感じられなかった。

向き合うことの尊さを知れた、かけがえのない一週間になった。

関連記事

  1. 一歩踏み出すということ

  2. 曽根 ちあき「本気で向き合う自分」

  3. 想いを伝えること

  4. 広田で生まれたつながり

  5. 人との繋がりの大切さを実感した一週間

  6. 6期CMSP参加者の声~高橋 理沙~

  7. ありがとう

  8. 普段以上に支えられていると感じられた20期での1週間

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉