ありのままの自分で

第15期CMSP 宮崎弦太(げんちゃん)
玉川大学3年

 

図1

 

CMSPの活動が始まるまでの私は、とにかく人にいい格好をみせようとして、弱い自分を隠そうとして、等身大の自分をさらけだすことができませんでした。しかし、広田でのCMSPの活動を終えたいま、(不器用でもいい、見栄を張らず、飾らず、目の前の人と本気で向き合うことを続けていこう。)そう思えるようにいつのまにか変わっていました。

なにかひとつ大きな出来事がきっかけで変わったのではありません。ただ、大好きな広田の人になにかをしてあげたい!一緒になにかをして笑顔になってもらいたい!という気持ちで仲間と一緒に考え、行動していくうちに、今までの格好つけていた自分がだんだんと馬鹿らしく思えてきました(笑)

突然ですが、広田で過ごしてきた時間の中で私が感じたことを、読んでくださっているあなたに向けてメッセージとして伝えたいと思います。

たとえあなたがどんな弱いところをみせたとしても、どんなにかっこ悪い姿をさらしたとしても、

それを包みこんでくれる心温かい人がこの町にはいます。

そんなあなたの個性をも認めて受け入れてくれる大切な仲間にきっと出会えます。

そして、この場所では、人間ってこんなにも温かくて優しいんだなってことを実感できます。

広田で過ごした一週間でたくさんの経験があったからこそ、このことだけは自信を持って言えます!

最後に、広田で関わったすべての人たちとCMSP15期の仲間に出会えて本当によかったです。

ありがとうございました。

関連記事

  1. 広田で心ひらいた話

  2. 6期CMSP参加者の声〜尾池 祐大〜

  3. 想いを伝えること

  4. 6期CMSP参加者の声〜高橋 愛理〜

  5. 本気になれる、そんな場所

  6. 米原 康平「地獄を楽しむ」

  7. 一歩一歩進む力

  8. 私が変わったこと

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉