想いを伝えること


第20期CMSP 矢野月菜(つきな)

つきな

1週間の中で、それぞれの趣味、家族、恋愛、学校のことをたくさんお話しし

ました。初めは、仲良くなりたいという思いから、ただ純粋に、お話をするこ

とを楽しんでいました。

 

お会いする回数を重ねるたびに、会話を重ねるたびに、町の人の考え方や背景

が見えてきて、そんな町の人のことを心の底から尊敬し、愛おしいと思うよう

になりました。

 

そして最終日、こちらが精一杯感謝の気持ちを伝えようとすると、ある町の人

がプレゼントをくれました。プレゼントをいただいたことは、もちろん心が踊

るほど嬉しかったです。ただ、それ以上に、それだけ私たちのことを見ていて

くれたことを思うと言い表せないような喜びでした。

 

その瞬間、「思いを伝えること」のパワーを知りました。

私たちの思いと、町の人の思いが一方通行ではなかったんだと感じた瞬間に、

幸せな気持ちが倍増したように思うからです。

 

私は4月から社会人です。初めは、何もできずに自信を失う時期が続くと思い

ます。しかし、今回中沢浜での活動を通じて、学んだ「目の前の人のことを全

力で想うこと、そしてそれを全力で伝えること」それさえ忘れなければ、きっ

と中沢浜の人のような魅力的な大人になれるのではないかと信じて、精一杯生

きていこうと思います。