夏本明彦『ここにいる』


夏季スタッフチームが立ち上がったのが5月14日。

スタッフとして初めて広田に行ったのが5月21日。

この記事を書いている3日後、10月9日が、スタッフとして最後の日。

いろんな人に出会い、

いろんな思いをぶつけ合い、

学んだことは数知れないのだけれど、たった今思うのは、

もっと強くありたい。

他の人より仕事が早いとか、才能があるとか、そういうことではない。

自分を愛していたい。

そして、みんなを愛していたい。

それが俺にとっての「強い」ということ。

広田町で汗水かいて走り回った日々を思い返すと、自分の無力さを知る。

何も知らない若造ができることなんて、たかが知れている。

大げさかも知れないが、本当だと思った。

変化というものは、すぐに起こせるものではないのだと。

でも、常に前を向こうとしている仲間がいた。

支え合って、前を向いて進もうとする奴らと、俺は一緒にやっていた。

小さい変化でいい、小さい変化しか起こせないのなら、それを精一杯、楽しんでやってやろう。それを続ければいい。

そう思うようになっていて、それが今、自分の強い芯である。

変わるのは自分しかいない。

まず自分が踏み出さないと。

小さくても、それを重ねて、重ねて、目の前の人が笑顔になった瞬間。

そこの空間と、時間に、自分が強く結びつくような感覚。「ここにいる」と。

時の流れは速く、気付いたら一日が終わってしまうような日常に身を置いている。

今この瞬間、自分ができることは何か。

変わるものと変わらないものがたくさんあるけれど、その一つ一つを、大切にしていきたい。

「ここにいる」と、心の底から思い続けていきたい。

その感覚がいつか、自分の中から無くなりそうになったら、

また、広田に行きます。