HENKA? へんか? 変化!!


第14期CMSP 神尾真大郎(かみしん)
岩手大学共生環境課程2年

s__54911024

 そもそも、なぜこのプログラムに参加しようと思ったかというと、「岩手にいてなかなか関わることが出来ない関東の人たちと一緒に活動をしてみたい。」と思ったからで、特に陸前高田市広田町を何とかしたい!といった熱い思いはありませんでした。
けれども、7日間が終わって、今、振り返ってみると「チームとは何か?」「なぜ、広田のために?」といったプログラムに参加するまで考えもしなかったことにしっかり自分の考えを持てている自分に気づき、また、実生活においても周りに流されるのではなく自分の本音をしっかり相手に伝えることが出来るようになり、本当に変わったな、と実感しました。

 3日目。自分が変わったのは、この日だと思います。農業体験、ヒアリングを行い広田の人とかかわる中で徐々に広田の課題、笑顔にしたい人が見えてきた気がしていました。
そんななか迎えた夜の会議でお互いの思いをぶつけあう中で、自分の考え方、チームとして進んでいくべき方向について深く考えることが出来ました。

 アクションプランの計画を進めていく中で、急きょプランの変更をし、実行に移す直前まで不安がありました。
しかし、当日は、本当にたくさんの方に参加していただき、楽しんでいってくれて、自分たちが出来たのは本当に小さなことだけど、この活動に参加できて本当に良かったと思いました。