1週間で踏み出した小さくて大きな一歩


第14期CMSP 佐藤悠(はる)
白百合女子大学フランス文学科3年

s__54911022

 

私が1週間で感じた変化は全力で人と向き合う一歩を踏み出したことだ。

初めはこのプログラムに参加することで広田町に新しい芽吹きを生み出すことは出来るのか、ましてや自分の素直な思いを相手に伝えることが苦手な私に何が出来るだろう、と自信が持てず不安であった。

しかし、日々のミーティングは一人一人が私の思いを最後まで聞いて受け止めてくれる場であり、お互いが思いやりをもって伝え合う雰囲気があったからこそ、自分を変えるチャンスだと思い、まず相手に伝えると一歩進むことが出来たと感じた。

 

また自分一人ではできないことも仲間と支えあえば達成できるものがあり、広田の人たち、14期のメンバーが誰一人欠けることなく一人一人の存在があったからこそ1週間を走る抜けることが出来た。特にそう感じたのは中間訪問会とアクションプランの時。

スタッフの広田町への愛、人が集まる広田町にしたいという熱意が強く心に響いて、自分も来たからには絶対に広田に何かを残すんだとその思いがどんどん大きくなりアクションプランでは、広田に小さな変化かもしれないがその種を植えることが出来た

実行することが難しい課題であっても理想への思いや強い信念があればやりきることが出来ると身を持って感じた。

 

今回CMSPに参加したことは私の中で一生忘れることの出来ない財産になった。広田町の方々、14期のメンバー一人一人に感謝の気持ちを伝えたい。ありがとう。