広田のひと、14期の仲間、新しい私との出会い

14期 鈴木千都(ちひろ)
横浜市立大学国際総合科学部3年  

 

s__54911023 

民泊や農業体験等を通して広田町の人たちのあたたかさに触れて広田町を知りはじめ、さぁ広田のために何をするかという会議で「何を考えているの?ちひろの想いはそこにあるの?」と仲間に言われました。

「広田町のために」と漠然とした思いから「広田町の○○さんを笑顔にしたい」「△△さんがここが広田の寂しいところと言っていたから改善したい」と具体的な想いに変わっていったのにもかかわらず、広田の人たちにその想いを伝えようと話している会議で、私はそれを自分の言葉で仲間にすら伝えていませんでした。

自分の気持ちを表現することが苦手な私には、仲間がかけてくれた「きちんとちひろの想いを受けとるよ」という言葉に強く安心しました。

 

それからは精一杯言葉にして相手の気持ちをしっかり受け取るよう意識しました。
特に会議を重ねに重ねて臨んだアクションプランと、広田の人に想いを伝えることができる最後の場だった最終報告会では私の気持ちを“伝えきる”ことができ、広田の人たちも涙を流し「ありがとう」と声を掛けてくださり、想いを受け取ってくれました。

あの場は参加した大学生の想いと広田の人たちの想いが重なり合う空間となりました。

そんな素敵な場にいることができ、そこに自分の思いがきちんとあるんだという今まで感じたことのない達成感を感じることができた私はいま、一生懸命想いを伝え相手の想いを受け取ることを大切にして生きています。

関連記事

  1. 佐々木新「みんなでつくるチーム」

  2. 変わることの大切さ

  3. 「やるか、やらないか」

  4. 「小さな変化と気付き」

  5. 1週間で踏み出した小さくて大きな一歩

  6. 6期CMSP参加者の声~東 琢也~

  7. 自分の想いを発言するということ

  8. 僕を変えた広田

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 民泊
  • CMC
  • たかぷろ
  • Café彩葉

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com