残したいもの

こんにちは!第11期CMSPのスタッフをやってました、鶴身 卓矢です。

 

実は、スタッフとしてこのCMSPに関わるのは、今回で2回目でした。

一度このCMSPの活動から離れていた時期があったのですが、広田町が大好きで戻ってきちゃいました。笑

だからこそ私は、スタッフとして広田町のために本気で頑張っていこうと意気込んでやっていましたが、

正直2回目ということにものすごいプレッシャーを感じつつも、絶対に何かを残そうと必死にもがいていました。

 

そんな中である広田の方に

「お前は一体この町に何が残せるんだ?」

と聞かれたことがありました。

 

最初にこの言葉を言われたとき、あやふやな回答しかできず、何度も自問自答を繰り返していました。

「一体何が残せる?自分が残したいのって物だったんだっけ?そもそも何故何かを残すことにこだわっているのだろう?」と。

 

でもその答えは広田でいろんな方に会っていると自然と出てきました。

 

私は、目の前のにいる広田の方の笑顔のために広田で活動しているんだって。

だからこそ残したいものは、“物”だとか“記録”ではなく“記憶”なのだなぁと。

 

そこに自分がいたからこそ生まれた笑顔や空間がある、

という記憶が広田の方の心に残ってくれればそれで私は幸せだと気づきました。

 

その記憶が広田の方の幸せにつながると思っています。

 

半年間スタッフとして広田町と関わっている中でいろんな方の笑顔に出会うことができました。

これはとても小さいことかもしれないですが、一人一人にとって幸せや楽しいと感じられるものであれば、

とても大きな価値があるとおもっています。

 

そんなものを残せてこれたし、これからも残していきたいと思います!

 

11期 鶴身 卓矢

関連記事

  1. 傍観者からメンバーへ

  2. 6期CMSPを終えて~鶴身 卓矢~

  3. 初めてだから始まること

  4. 平林晃久「本気!本気!本気!」

  5. 一歩踏み出すと、決める

  6. 「人が、人と、生きていく」

  7. かけがえのない大切なもの

  8. 満員御礼!2018年春季120名の新しい仲間たち!!

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉