小さな変化を大切にする


 こんにちは!第11期のリーダーをやっていました、石渡博之です。現在青山学院大学4年で、次の4月から広田町に移住して活動をしていきたいと思っています!

 

 半年間、根岬地区や一緒に走っている11期の仲間たち、10~14期の夏季の仲間たちと過ごしてきた中で、小さな変化に目を向けるようになりました。

 広田町に関わっていく中で、目に見える大きな変化が起こることは滅多にないですし、大きな変化よりも目の前で生み出されていく、小さな変化に向き合っていきたいと思っています。

 

 「民泊、興味あるんだよね~」、「またお茶っこでこんな話したいな~」、と目の前でついさっきまでお話をしていた広田町の方が、それまで言ったことのなかったことを言ってくれます。

 そんな小さな変化に出会えたこと、その小さい変化を一緒に創り出せたという実感をこの夏季CMSPでたくさん味わいました。

 一人ひとりの小さな変化が広田町内、様々なところで起きている、そんな夏のCMSPを経て、私自身来年度から広田町で暮らしていく中で大切にしたいことをお伝えしたいと思います。

 

 学生が終わり一人の社会人として広田町民になることは今までみえていなかった景色がみえてくると思います。

 困難もたくさんあると思いますが、それ以上にこの夏季で大切にしようと思った小さな変化を積み重ねていくことだけはぶれない芯で持ち続けていきたいと思っています。