変化を楽しめる自分


screen-shot-2016-10-06-at-15-20-33

10期スタッフ

東京工科大学デザイン学部4年 青木成美

 

今年の5月から泊の地区のたくさんの方と出会って、同じ時間を一緒に過ごす中で、

人が”変化”していく場面がたくさんありました。

そんな中で広田の人やプログラムのに参加した大学生はもちろん、自分自身にも”変化”がありました。

 

それは、”変化”を恐れず楽しむ事です。

 

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e7%94%a8-%e6%b0%91%e6%b3%8a_5502

 

自分自身がまず変わり、そして相手も変わっていく。

 

この半年間、特に7日間の中では自分が変わる事で周りの反応や返ってくる言葉、考え方が変わっていったなと感じます。

 

メンバーや広田の人に自分の想いを伝える、ことは決して簡単ではありませんでした。私のこの想いを伝えたら、相手はどんな反応をするだろう、嫌な想いをしたり嫌いになったりするんじゃないか。そんなことを心のどこかで感じていた自分がいました。

しかし、伝えた後の場が良くなるか悪くなるかなんて、伝えてみないとわからない、とすごく当たり前のことだけど、変化を恐れて伝えることをしてませんでした。

 

伝えた後にどんな場になってるかを気にするより、まず私にしかない想いを目の前の相手に伝えることを大切にした時、広田の人が私に対する接し方、関わり方は親密になれたし、10期のメンバーはより強い気持ちで想いを私に伝えてくれました。

 

6%e6%97%a5%e7%9b%ae%e2%99%aa_9129

 

そんな周りが変わっていく様子を見て、感じて、より伝える事を大切だなと感じたし、そんな良い”変化”、悪い”変化”を良い意味で楽しめる自分がいる事に気がつきました。

この半年間たくさんの人の”変化”を見てきて、いろんな状況において自分自身がまず柔軟に変わっていける自分であることと、”変化”を受け入れ、その場を楽しんでいける自分であり続けたいなと思いました。