私を素直にさせてくれた1週間

%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%af%e3%82%9a%e3%82%93

10期参加メンバー

日本女子大学家政学部3年 片山悠

 

「地域の人のために、チームとして」の活動にこだわり、これならどっちも可能なのではないかと思い、参加した。

 

広田町に到着してすぐ、地域の人のご自宅に民泊させて頂いた。他にはそこの主な仕事の1つである漁の網作り体験もした。そこでの生活を近い目線で体感でき、広田の人と深く関わりが持てていることにとても嬉しかった。

 

しかし、もっと心の距離を縮めたいと思うのと同時に、内心どこか5年前の震災のことが気がかりだった。不安な気持ちを心の奥底にしまったまましばらく活動を続けた。

これまでの私は、全力で、人のためになること、をすることが好きだった。けれどその時“全力”でいることから逃げていた。中途半端に気を遣い、きっとそれで相手にも気を遣わせてしまった。無意識のうちに自分で広田の人と距離を置いてしまった。

そのことに仲間からかけられた言葉で気づかされ、そんな自分が嫌で、悔しかった。

 

「自分の気持ちに素直になりそれを真っ直ぐに伝える」ことは、とても怖い。しかし、その時の嫌いな自分を変えるためにも、乗り越えなくてはならなかった。

ある日、勇気を出して、お世話になっていた広田の人に抱えていた不安も含め自分の気持ちを伝えた。その人も真っ直ぐに私の想いに応えてくれた。心が震えた。

 

初めて心と心で繋がることができた。この経験は私のなかですごく大きな意味を持ち、私を変えてくれた。素直な気持ちをこれからも大切にしていきたいと思う。

関連記事

  1. 「まだわからない!」

  2. 思い立ったら、動いてた

  3. 目の前の笑顔のために

  4. 走り抜けた一週間

  5. 非日常/地元視点~キミがここに来ること~

  6. なぜやるのか。

  7. チェンジメーカースタディープログラムのサイトがオープンしました!

  8. あなたと私

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。