繋がる想い

第11期Change Maker Study Program プロジェクトリーダー石渡博之(いしわたひろゆき)

S_4567756583553

 

こんにちは7月に入り、いよいよ夏っぽくなってきましたね(^^;

今週末も広田町に行くので涼しいことを期待しています!

 

さて、今回の投稿で夏季11期として最後の投稿になります。

今回はテーマを設けず、今自分たちが伝えたいことを書くようにしています。

 

何を書こうか…と大学のラウンジに座りながら考えていますが、これだ!というものがなかなか思い浮かばないので、思ったことを書いていきたいなと思います。

 

S_4567781173494

(2年前はこんなに素敵な町に出会えると思っていませんでした!)

 

僕が参加者だった当時から様々な学生と広田町で出会い、共に過ごしてきました。

 

その後、継続的にCMSP、広田町に関わり続ける学生もいれば、そうでない学生もいます。

 

今回の夏季CMSPでも継続して関わる仲間や新しく加わった仲間もいれば、そうでない“仲間たち”もいます。

 

それぞれの学生に普段の生活や学生団体・サークルの活動拠点、専念している学業があります。そして都内のみならず全国から参加するメンバーが増えたことにより、一度広田町で出会った仲間たちはプログラムが終わると解散し、遠く離れていきます。

 

僕も1年近く会っていないメンバーもいます。

S_4567800497220

(第3期7日目の報告会の集合写真です!)

 

ですが、同時に心のどこかで繋がっている感覚があります。

 

ともに目の前の人の笑顔のため

ここにいるメンバーだからこそ

自分たちの壁を乗り越えていき

そして、

“最後に笑顔と涙が同時に出てくるくらい最高の場を創り上げた仲間たち”

“たとえ距離が遠くてもお互いを想い、応援し合える大切な存在”

になっています。

 

文章では書ききれないくらい素敵な出会いと関係が、陸前高田市広田町を中心に広がっています。

S_4567817203910

(2016年8期7日目。別の期でもやりきった先にある感動を共感できる仲間と出会えました)

 

僕も大学1年生の春休みにこのプログラムに参加しました。

 

自分の人生経験になればいいや!という気持ちで参加しましたが、

 

“本気でプログラムをつくっているスタッフたち”

“僕たちの可能性を信じ、一緒に町のため活動する広田町の方々”

“模索しつつも可能性に挑戦し続ける6人の参加者”

今の自分の原点ともいえる一週間を過ごしました。

 

“今の自分たちだからこそ”全力で走り続けることができる場がChange Maker Study Programにはあります。

 

それぞれの人生が輝き始めるスタートラインがこの夏、100人の学生、関わってくださる広田町の方々にあると思うと、ワクワク感がとまりません!

一人ひとりがそれぞれの輝きを最大限に発揮する一週間、ぜひ一緒に過ごしませんか??

S_4567817860498

(僕の頑張る原点にいる大切な広田町の方です)

 

 

無料説明会はコチラ!!

関連記事

  1. 『CMSPでの広田、これからの広田』

  2. 踏み出したいあなたへ

  3. 広田の「こんなところが素敵!」 vol.4

  4. “行きたい場所”から、”帰りたいと…

  5. 無料説明会報告&追加日程のお知らせ

  6. 同じとき、同じ場所で、同じ感情を共にする

  7. 連続した関係性を育てよう。

  8. 「本気で想って伝える」広田と14期が教えてくれたこと

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉