「あなた」だからこそ届く想い

第14期 Change Maker Study Program プロジェクトリーダー
島山 怜(しまやま さとし) 慶應義塾大学商学部4年

10_0.12期現地入り 6月4、5日_8407

 

20代。男性。大学生。あと3週間くらいで22歳。
埼玉出身。今は都内で一人暮らししてる。
バスケットボールと野球をやってた。ギター弾ける。
旅行とか好き。靴のサイズは27センチ。寝るのは早いほう。

 

………。

 

ざっと、ぼく「島山怜」を表す情報を書き出してみました。

書こうと思えばもっと書けるし、書けば書くほどその情報は「島山怜」に近づいていく。

 

TwitterやFacebook、さまざまな検索サイトで見る広告やwebサービス。

これらの広告は不特定多数に向けて発信されているものですが、ターゲットを想定し、上のように情報を絞り込んで伝えることで、
見る側はあたかも「この広告は自分に向けられたものなんじゃないか?」と感じ、ついついその広告をクリックしてしまう、なんてことがあるんです。

例えば、「ファッションに興味がある人」が見るアパレル通販サイトには、よく時計やバッグのブランド広告がのっています。

最近では検索履歴を活用して、より「その人」が求めるものに近い情報を提供してくれるようになりました。

情報が氾濫し、自分の好みに合わせてそれらを取捨選択するのが困難な時代。
こういった広告やwebサービスはぼくたちの暮らしをより便利にしてくれます。
実際ぼくも自分に合った情報を楽に得られるので、重宝してます。

 

 

 

でも、最近思うんです。

 

ちょっと寂しいよね。って。

 

あくまでこれらの広告やサービスが対象としているのは、「20代。男性。大学生。…」に当てはまる人。
どれだけ情報を絞り込んでいって「島山怜」に限りなく近くなったとしても、それはぼく「島山怜」のことを想って、「島山怜」のために届けられた情報ではないんです。

どこまでいっても“なんかこんな感じのやつ”に向けられた情報。

 

う〜ん。便利なんだけど、なんだかなあ。

 

 

そんなことを思い始めたのは広田でのこんな出来事がきっかけ。

 

何度かお邪魔したことのある家を久しぶりに訪れた時のこと
まったり話をして、さあ帰ろうか、と腰を上げると
家の方が袋いっぱいに干し柿を入れて渡してくれました
「さとしが干し柿好きだって、オカン知ってるからね。いっぱい食べなさい。」

それは他ならぬ「島山怜」に向けられた言葉、想い。
その温かさに不覚にも目頭が熱くなりました。

往復交通費1万円かけて広田に行ってもらえる干し柿は、
東京で通販サイトの「あなたへのおすすめ」に出てくる500円の干し柿よりよっぽど
また食べたいなって思えるものでした。

 

625〜 11,12,14期現地入り_1795

 

そんなことがあって、
名指しで呼び合うコミュニケーションからは、新たな価値が生まれるのではないかと考えています。

ちょっと想像してみてほしいんですが、
いつも人を惹きつけ、輪の中心にいる人、知り合いにいませんか?
知り合いの誰に聞いてもその人のことを知っているし、さまざまなコミュニティで顔が広い。そんな人。

そういう人たちに共通すること。
どんなに薄い繋がりでも相手を一人の「人」として見ていて、名指しで相手と接するところじゃないか?

だからこそ、その人が発する言葉からは力を感じるし、行動には普通とは違う意味が感じられる。

 

ただ、ここで伝えたいのは、そういう人になりたいとか、みんなでそういう人を目指そうということではなく、

名指しで関われる相手といるときって居心地がいいよね、とか
特別な時間に思えるよね
っていう感情です。

いきなり自分からそんなコミュニケーションをとるのは難しいですが、
あなたの名前を呼ぶ人の、あなたに向けられている言葉に耳を傾けていてほしいなって思うんです。

S__11903005

 

この記事は「不特定多数」の人に向けて書いています。

「地域創生に興味ある人」「夏休み何をやろうか迷っている人」「自分のやりたいことってなんだろうって悩んでる人」「新しい挑戦をしたい人」……。
今は顔も名前もわからないけれど、
これを読んでいるあなたと、名指しで呼び合い、特別な意味を持った時間を一緒につくりたいと思っています。

 

無料説明会で会いましょう。

 

無料説明会はコチラ!!

 

 

関連記事

  1. 僕の変化

  2. 広田からおばんです~現地の方々の声~ vol.5

  3. 12期の想い

  4. 第5期ChangeMakerStudyProgramスタッフの想い〜お…

  5. この先になにがあるのか。

  6. 積み重ねること

  7. 帰りたいと思える場所で

  8. 第6期CMSP 〜7月現地入り(2日目)〜

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉