僕と、うにと、毎日ご飯 (大盛り)

第10期 Change Maker Study Program スタッフ 宮内航

東京工科大学デザイン学部 空間と演出コース 4年

8期(2016.03) 参加者

 

12,14期現地入り_9885

(うに開口日翌日に、山盛りのうにと僕)

 

はじめまして。もしくはお久しぶりです。

見た目は骨と皮ですが胃袋に宇宙を持つ男、宮内航です。

(広田町では皆さん、すごい量のご馳走を作ってくれます。因にこの日は朝食のおにぎり3つ完食後、訪問宅でまさかのもう一度朝ご飯。うにの山、完食しました)

 

僕は学校ではデザインという分野を勉強していたのですが、一番力を入れていたのは学外活動でした。

色々やってきましたがそんな中でも「国際交流」「世界」というワードが僕の中核になっていて、今年8月末から約1年海外で働くために休学しています。

なぜ海外なのか、というと高校生の時にモンゴルで目にした貧困の現実があって、そうやって僕らの生活からは想像できないような現実に出会ってしまったからには、そこから目を逸らさないで生きたい、と思ったからです。

でも僕らが考える理想を押し付けるようなことはしたくない。

だから独学だけど途上国の勉強をしているし、まずアメリカで働き、その後東南アジアに行って働く、と決めています。

 

「理想を押し付けない。」

これは、CMSPも同じだなと思うんです。

広田町と言う名前は去年知らなかったし、CMSPに行く前日までおぼろげな想像しかできなかった。

でもなんで惹かれたかと言えば、僕らは既に用意したプログラムを実施するのではなく、そこで創るからです。

「広田町」を元気づけるために、そこに住む人ひとりひとりのお話を聞いて、何が出来るかを考える。

町をもっと活気づけるために、目の前にいる人に応えるものを皆で必死に模索する。

するとなぜだか僕らも勇気づけられるんです。

広田町で色んな人に出会い、話し、見えてくるもの。

相手が見えてくると、そのために必死になれるんです。

 

3日目_6844

(庭の剪定のお手伝い)

 

この夏、必死で人に向き合う仲間、募集中です。

 

7日目!_624

(お世話になったおうちで夕食)

 

「行きたいけど……小食だし、そんなにご飯出されても食べれない…」と不安な方。

安心してください。

 

IMG_4173

(至極のうにご飯)

 

僕が食べます。

 

 

無料説明会申し込みはこちらから

関連記事

  1. 私を素直にさせてくれた1週間

  2. その瞬間に素直な自分

  3. 2016年春期Change Maker Study Programのプ…

  4. 『思ってること綴ってます』

  5. かけがえのない大切なもの

  6. 思い合う一週間

  7. 海、畑、玉ねぎ、そして…かかし?

  8. 僕たちは何のために「Change」を創り出しているのか。

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。