その”人”たちのために生きたい場所

こんにちは!明治学院大学社会学部社会福祉学科3年の篠田樹利亜です。

IMG_8390

Change Maker Study Program(略CMSP)2016年春季(9期)スタッフを経て、2016年夏季は14期スタッフとして活動しています。ということで、広田町には半年前から関わっています。

 

 

そもそも私が社会福祉学科に入学したかった理由は「人のためになりたい。人を笑顔にしたい」というざっくりした想いです。その想いを持ったまま大学2年を迎えて、「あれ、私はこれまでの大学生活で自分の想いを果たしてきた?」とモヤモヤ考えることが増えました。そんな時に2016春季のスタッフのお誘いを受けました。ずっと温めてきた(行動に移していなかっただけ。笑)想いが実行に移せる機会だ!と、参加を決めました。

IMG_8138

 

大学3年生になって、今度は2016夏季が立ち上がる。またスタッフをやろうか迷いました。それは、留学したいという気持ちもあったからです。大学2年生の夏に1ヶ月だけですが、オーストラリアに留学し、そこで養護施設のボランティアをしました。できなかったことができると一緒に喜んだり、一緒に遊んだり、別れの時には「何でバイバイなの?」って聞かれるくらい仲良くなって、すごく楽しい時間を過ごせたし、子供たちのためになれていたことを実感したし、子供たちの笑顔がたくさん見られました。またここに来たいとも思いました。

 

ではなぜ、私は留学ではなくCMSP2016夏季スタッフを選んだのか。

 

“この夏生きていきたいのはどっちか”

 

を考えた時に、電話すると「どこにいたの?」って聞いてくれたり、「会いたいよ」って言ってくれたり、会いに行くとたくさんのご馳走が待っていたり、相談に乗ってくれたり、頑張ってねと応援してくれる、そんな大好きな広田町の大好きな人たちが思い浮かんできました。

単純に、広田町で生きることが、私のワクワクする選択肢でした。

IMG_8149

 

始めた理由はただ人のためになりたい。でも今はその”人”の顔がたくさん思い浮かんできます。

この夏はその”人”たちのために私は広田町で生きていきます。

 

 

あなたもあの1週間を過ごすと、きっと、大好きだと思う人ができるはずです。

どんな1週間なの?詳しくは無料説明会へ!!↓↓

http://1week.set-change-maker-program.com/?page_id=27

S__30965769

 

 

関連記事

  1. 1〜4期のCMSPを経て、5期は次世代の!!

  2. 曽根 ちあき「本気で向き合う自分」

  3. 「僕がCMSPに何を求めているか。     2016年3月、何を超えよ…

  4. 自分ごとな町

  5. 6期から次期プログラムへ

  6. 私を素直にさせてくれた1週間

  7. 無料説明会報告&追加日程のお知らせ

  8. 踏み出した、そのあと。

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉