出会い

春季ChangeMakerStudyProgramスタッフ 杉崎裕里

1452851484424

今回の記事は、今この瞬間まで感じている自分の想いを込めたものです。

「 ChangeMakerStudyProgram 」

この出会いのはじまりは、6期CMSPに参加者として参加したことです。
将来について悩んだり、自分自身がどんな人間かということをずっと考えていた私に、大学の先輩が勧めてくれたのがきっかけでした。

実際に陸前高田市広田町に行ってみると、偶然道で出会ったおじいちゃんおばあちゃんなのにお家に入れてくれて、一緒にお菓子食べながら話したり

東京で売っている野菜の何倍も大きい野菜を、一緒に収穫したり

IMG_024014528519546581452851741127

初めて来たのに、若い人がこうやって町にいることが嬉しいって笑ってくれたり。

本当に、驚きと人の暖かさを実感する7日間でした。

広田町の人も、スタッフも、参加者も、
CMSPを通し、みんなが目の前にいる人のことを考え、その人のためにという想いを伝え、行動に変えていく。

6期のプログラム中、スタッフをやっていた1人のメンバーがこんなことを言っていました。
人×人=無限
CMSP春季スタッフとして過ごしていく日々で、この言葉が何度も頭に浮かびます。
スタッフや広田町の人、無料説明会に来てくれたみんなと話しをしていると、自分の想像もつかなかった刺激を受けたり、反対に自分が伝えた思いに感謝されたり。

1人1人、意味のない人はいなくて、こんなにも素敵な可能性に溢れていることを実感します。

スタッフ同士、初めて会うときはお互い気を使うこともありました。ですが、1つのプログラムを通して、だんだんと気持ちが寄り添い合ってきているのだと思います。

それはこれから参加者になり、出会う人たちも同じです。

どんな人にも、個性があって
何もない空間でも、人がいれば何かが変わる。

初めて出会う、
参加者×スタッフ×町の人々

=予想もつかないようなキラキラした可能性
なのかな、と思います。

このプログラムに、CMSPに関わる人たちに出会えたこと。そして、春季CMSPのスタッフとして毎日過ごしていること。

本当に、今が大切って胸を張って言えます。

次のCMSPでの新たな出会いにわくわくしています。

1452852140965

関連記事

  1. 『いつか今を振り返る』

  2. 第6期ChangeMakerStudyProgram スタッフの思い …

  3. あの町はとんでもないものを盗んでいきました。

  4. 無料説明会を終えて

  5. 〈挑戦〉

  6. リアルの積み重ねが未来を創る。〜第6期CMSP、2週間前の今思うこと〜…

  7. 挑戦への葛藤

  8.  スタッフ達の思い 〜悩みながら歩こうよ〜

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉