あなたと私

 

春季Change Maker Study Program

7期スタッフ 野尻悠

IMG_0206

今まで何度か記事を書かせて頂きましたが、今回の投稿でひと区切りということで、、

私が今スタッフをやっているうえでの感じていること・想いを伝えさせてください。

 

私は昨年の夏、前回のCMSPにスタッフとして関わりはじめ、広田町に触れてきました。

前回スタッフをやると決めた時はせっかくの縁だと思ったから、ではなんで春季もスタッフをやろうと決断したのか。

 

自分が素になれる場がそこにあるから

IMG_9930

正直、なんでスタッフをやっているのか?もう一度やろうと思った本当の想いは?すっごい考えました。

いや、今も考えています。

もちろん!熱い想いを持ち共に未来を語り、しっかり面と向かって意見をくれる仲間がいる幸せや心強さが大きいきっかけでもあります。

やはり悩み足踏みしている時ほど仲間の投げかける声が響く瞬間が多くあるなと、、

そんな仲間ともっと一緒にいたい。こいつらとだからやりたい!そう思ってます。

でもきっと一番は、広田町にいる大切な人たちの包み隠さない笑顔を見たいからなのかな。

 

普段、広田の方とお話をしても笑顔は絶えないのですが、

その笑顔の下に秘めた気持ちなどを聞くには更に一歩踏み込まないと聞こえない気がします。

たとえ親しくしてくれている方でさえ、

おちゃらけて楽しんだり私たちにたいしての素直な気持ちは打ち明けてくれても、

その人の悩みの種は簡単には言葉にしてくれません。

だからこそ、広田の方に問いかけたり同じ目線にたち考えることが必要になってくる。

 

そのためにも、自分は素直な心で接し感じたありのままを素直に伝えることを大切にしたいなと。

 

私生活の中でそれほど自分を取り繕っているとは感じていませんが、

ありのままに伝えることを恐れていると感じる瞬間もあります。

伝えられなかった時ほど後悔し後味の悪いものはありません。

 

つい先日、ずっと前から親しい友人と今お互い分岐点に立っているよねと話をしたのですが、

本当にまさにそれで。

自分がもしCMSPと出会っていなければ、、

そのまま今までやりたいと思っていた観光の道に進んでいたのかもしれない

経験がモノを言うというけど、リアルな積み重ねは微塵もしてなかったのかもな、、

それこそ就活に悩み果てていたかもしれない。

 

CMSPと出会い、自分を見つめる時間が増え感じ得ることが多い分、価値観も変化することで

人とぶつかることは多くなったとは思います。

でも、人と価値観を共有できた瞬間・通じた瞬間がとても嬉しく感じるようになりました。

自分は人とつながっていることで元気をもらえるんだなと

自分一人でなにかをするのでなく、二人、三人と共に歩む仲間と一緒だから頑張れるんだなと思います。

 

そんな人達とこれから先もつながっていられるよう、自分は素であり続けたい

広田の人でも、チームの仲間でも、親しい友人も家族でも。どのフィールドでも同じ。

まえちゃん2

 

最近はそこにいる自分の存在意義、自分らしさてなんだというのが日々の問いかけです。

その地道な問いかけが春季を終えた頃の自分の中に、一つでも自信となるものが生まれてると信じれるし

自分への問いやその答えに素直であることで、

周りの人にも何か素敵な伝染があると思えるから。

 

スタッフとしての想いというより、最近感じていることを述べさせていただきましたが

スタッフ21人想っていることはバラバラで違っておもしろいので

是非みんなの記事も読んでいただけたら嬉しいです!

さとし②

私が、こいつらとなら!そう想える人達です。

 

関連記事

  1. 抱く想いに素直になり、熱くなれた自分

  2. 僕と、うにと、毎日ご飯 (大盛り)

  3. 小さな変化を大切にする

  4. 言葉にすること

  5. “行きたい場所”から、”帰りたいと…

  6. 海の幸から”幸せ”をおすそわけされること

  7. 第5期Change Maker Study Program

  8. 「温かい何か」

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com