なぜやるのか。

 

春季ChangeMakerStudyProgramスタッフ    山﨑風雅

スタッフ宣言_3706

 

 

物事を始める理由について、割となんでもありだと思っています。

気になるから。楽しそうだから。暇だから。あの子がいるから。

 

一歩踏み出してみたら、案外たいしたことないじゃん!

なんて経験をすれば、それが自信となって、あとはちょっとの好奇心で、

踏み出すことへの抵抗感は 無くなっていくものではないでしょうか。

 

かくいう私も、「面白そう!」という直感と、「熱ってなんだ!」という疑問のふたつで、

CMSPに足を踏み入れました。(『 広田で「本気」を探す』)

 

 

では なぜ、今続けるのか。

 

IMG_6268

 

何かをやる上で、

「如何に楽しんでやるか」

ということを、とても大切だと思っていて。

 

例えば 慣れていくうちに、マンネリ化して、 タスク化して、

「やりたいこと」を追っていたはずが、気づけば

「やらなきゃいけないこと」に追われている、という状況が、

往々にして起こります。

 

それが、すごくもったいない!

タスクまみれの私が気づいたのは、

義務感じゃ続かない。

良いものも生まれない。ということでした。

 

歯を食いしばってやるよりは、

楽しんでやろう、できれば誰かと!

CMSPには そんなポジティブな空気が流れていて、とても心地良い。

 

 

IMG_6031

 

もうひとつ思うのは、

大学生、選択肢めっちゃある、ということ。

 

バイトも、サークルも、授業も、遊びも、就職も。

正直、今より楽する道もある。

 

やりたいことができるし、

やりたくなければ、やらなくていいんです。

 

そんな中、チェンジメーカーに関わり続ける理由は、

そこに、短い学生生活の中で 時間とお金と労力を注ぎ込む意味を感じているから。

広田町と、そこに住む人、20人の仲間。

その全部が、私の原動力になっていきます。

 

さとし②

 

数ある選択肢の中から、チェンジメーカーという選択。

本気でやりたい!と思えるものに、全力を注げる環境にいる。

そのことが、すごく価値あることだと感じています。

 

おわり。

関連記事

  1. 第6期CMSP~現地入り(7月)~

  2. 私を素直にさせてくれた1週間

  3. 広田の「こんなところが素敵!」 vol.7

  4. 広田の『人』と『食』

  5. スタッフの挑戦の日々~無料説明会を経て~

  6. 広田で「本気」を探す。

  7. ”初めてだから”みえたこと

  8. 〜10期スタッフの想い〜

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com