傍観者からメンバーへ

 

9期CMSPスタッフ  篠田 樹利亜
zyu1

「何か新しいことをやりたい」

最初はそんな理由で始めました。今だから言えることだけれど、何かやりたくて悩んでいた時にちょうど声をかけてもらったのがCMSPで、もしかしたら違うことをしていたかもしれないと思うと、人生はその時その時なんだなと強く感じます。

わりと早い段階で「やる」とは言ったものの、後で不安の塊が襲ってきました。「一歩目を踏み出してみたものの、二歩目重いぞ」「人と話すのは好きだけど、苦手じゃんか。(=人見知り)」「田舎で私は生活できるのか」そんなことをずっと考えていました。

CMSPの活動が始まっても、みんながとてもキラキラしていて、みんな尊敬できる人たちだから、その中で私がやっていけるのか自信がありませんでした。
zyu2

CMSPの活動をして2、3ヶ月が経った今の私は、不安でどうしようもなかったあの頃の私とは違います。たしかに、みんな本当に尊敬できる人たちだ、という気持ちは変わっていませんが、ただの傍観者ではいられなくなりました。
それは、
「みんなで創る楽しさ」を知ってしまったからです。
1人の意見にまた1人の意見がのって、どんどんカタチになっていくのがわかるのです。私が言ったことを「いいね!」と言ってくれるのがCMSPの仲間たちです。人前で話すのはなかなか苦手だけれど、私の意見に耳を傾けてくれるから、こんな私でも言える場なんだろうと思います。こうして何か見えてくるものがあるから、もっと見たいから、CMSPにはまっています。

冒頭で、
人生はその時その時だと強く感じます。
そう言いました。「その時」にCMSPと巡りあって良かったと、今すごく感じています。
自分の何かが変わったのか?そう聞かれるとわかりません。でもきっと、プログラム終了後には何か胸を張って言えるものがある、そんな気がします。
なぜなら、私にとってCMSPは、
C:ちょー
M:メロメロ
S:スーパー
P:パートナー

だからです。要するに、今の私にとって夢中になれるものなのです。
zyu3

関連記事

  1. 広田グルメ~人と人の繋がりを生む広田の食~

  2. あなたとだからこそやりたい挑戦

  3. 4年の今思う、十八・十九の心

  4. 人生は…決断。

  5. 損得じゃない、あったかくて幸せな循環

  6. 新たな挑戦の場

  7. これが一歩目

  8. その瞬間に素直な自分

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉