〈挑戦〉

Change Maker Study Program スタッフ 髙橋理沙

 

りさ顔

 

CMSPスタッフを始めた理由。

 

自分で自分の進む道を作っていくことって難しい…

大学生って自分から行動しないと何も始まらないんだ…

私は大学に入学してから、大学生の難しさを感じていました。

 

そんなことを感じながら1年が経ち大学2年生の夏、サークルの先輩からCMSPのことを教えてもらい、6期CMSPに参加することになりました。東北の被災ボランティアに参加したことがあり最初は興味を持ったのですが、内容を聞いてみるとただのボランティアではありませんでした。

0から何かを作るってどんな感じなんだろう。

面白そう。

そして、挑戦してみたい…!

そんな想いで参加することを決意しました。

 

1-6 理沙写真①

 

 

しかし、活動2日目、もともと治療していた足の怪我が悪化してしまい、活動を続けることが難しくなってしまいました。広田町の診療所の先生に処置してもらったり、見ず知らずの私を一晩泊めてくれる優しいご夫婦にお世話になったり、広田町のあたたかさを感じながら私は3日目の朝に途中で帰ることにしました。

なかなか自分の意見を伝えられなかったなあ

まだメンバーの人たちとゆっくり話せていないなあ

他にもたくさんの心残りがあり、本当に悔しい気持ちでいっぱいでした。

そして、その時、私はもうこの町には来ることが無いだろうと正直なところ思っていました。

しかし、今、私は春のCMSPのスタッフとして活動しています。本当に自分でもびっくりしています。

私がこうしてスタッフとしてここにいるのは、前回参加した時のスタッフに誘われたことがきっかけです。

話をしていくうちに、もう一度広田町に行きたい、やってみたいという気持ちが自分の中にあることに気付きました。

私はあの時の「やりきれなかった」という事実や、その時の「悔しさ」を見ないようにしていたことに気付いたのです。

そして、ちょうど自分の将来にもやもやを感じ、

3年生になる前に何かやりたいと思っていた時でした。

 

やってみたいけど…

課題もあるしサークルも忙しい。

両立出来るのかな…

自分に出来るのかな…

だけど、もう一度広田町に行きたい、成長したい、何かをやりきりたい!

そして今回のスタッフをやる決意をしました。

確かに大変なこともあります。辛いこともあります。

でも、自分で一歩踏み出したことに後悔はしていません。

 

1-6理沙写真②

 

 挑戦したことで出会えた人たち

 感じられた気持ち

 発見した自分の良さと弱さ

 人のあたたかさ

 

人の出会いって本当に不思議です。自分の人生を豊かにしてくれています。

やっぱり挑戦するって大変なことだけど、挑戦しなければ分からないことがたくさんあります。

 

悩んでるんだったら、やってみようかな

やらないで後悔するぐらいならやって後悔した方がいいや

と最近は思っています ^^

 

これからどんなことが待っているか分からないけど、どんなことでも楽しみながら、周りの人と協力しながら、前に進んでいきたいと思っています。

そして、これからどんな人たちに出会えるのかとても楽しみです!

一緒に挑戦してみませんか?

関連記事

  1. CMSP説明会を終えて

  2. ”初めてだから”みえたこと

  3. 今の”やりたい”を大切に

  4. 〜 ChangeMakerStudyProgram第6期スタッフの想い…

  5. この先ってどうなってるのだろうか…

  6. 連続した関係性を育てよう。

  7. 仲間と出会う

  8. 非日常から始まるさまざまな出会い

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉