非日常から始まるさまざまな出会い

春期CMSP9期スタッフ 酒井伽奈

さかな12.16 記事写真2

 

 

ぼっとん便所、聞いたことありますか?

使ったことはありますか?

 

私は一週間前、岩手県陸前高田市広田町を訪れ初めてぼっとん便所を使いました。

初めて使った感想、「まじか…」。

洋式の水洗式トイレに慣れていたから、やっぱり衝撃的でした。(和式トイレすらそんなに使うことないのに…)

 

 

広田町にいると色んな人に出会います。

初めて会った私たちにも家族が帰ってきたかのように温かく受け入れてくれる広田のおじいちゃんやおばあちゃん。

町をのんびり歩いているだけで友達に声を掛けるように気軽に話しかけてくれる地元の方々。

何よりも、初めてお邪魔したお家の炬燵で寝ていたのは自分でもビックリ……

友達のお家でも失礼だから絶対寝ないのに………

そんな無礼者(笑)に対しても広田の方々は優しいんですよね。

風邪を引かないように布団を掛けてくれたりしてくれました。

 

帰る田舎がない東京生まれ東京育ちの私にとっては広田町での出会いは驚きの連続!!!

 

これって、広田町の人々には当たり前な生活なのかもしれないのに、東京に住む私たちにとっては非日常的な生活ですよね。

さかな12.16 記事写真1

陸前高田市広田町に足を踏み入れ、新しい世界…非日常出会い、私はいまがすごく楽しいです。

一ヶ月半前までは自分がこんな風に陸前高田市広田町に関わるなんて思ってもいなかったし非日常の世界を知るなんて思いもしなかった。

毎日遠い大学に通い(私が通う大学も東京の西の方の田舎にありますが。笑)

学校が終わったらバイトに行き、楽しいけどどこか虚しい毎日。

そんな毎日に飽きてはいませんか?

新しいことを始めることってやっぱり勇気がいると思います。

新しい環境、非日常な世界に足を踏み入れるのもやっぱりそう簡単なことではないと思います。

 

でも、だからこそ新しいことを始めるのも今なんじゃないかな、と思います。

だってきっと、「踏み出す勇気がないから」の一言で片づけたらいつまで経っても何も始められないですよね。

 

 

「楽しいことやりたい」、「新しいことしたい」なんて思っていませんか?

 

そんな非日常って、遠くにありそうで実は近くにあるのかもしれません。

あとは勇気を振り絞って足をあと一歩踏み入れるだけなのかもしれません。

 

私たちと一緒に非日常に飛び込んではみませんか?(^O^)

 

さかな 12.16

関連記事

  1. “行きたい場所”から、”帰りたいと…

  2. 「初めて」は、「いま」でなければ。

  3. 6期CMSPスタッフを終えて〜渡邉 拓也~

  4. 第5期ChangeMakerStudyProgramプロジェクトリーダ…

  5. 彩りを加える日々の楽しさ

  6. Re-SETイベント〈広田COOKING〉

  7. Bestの選択をする勇気が人生の可能性を変える

  8. 平林晃久「本気!本気!本気!」

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉