広田の「こんなところが素敵!」 vol.1

 

春季ChangeMakerStudyProgramリーダー 石渡博之

 

DSC_0782

 

〈笑顔と出会いの溢れる町、広田町〉

今期初めての投稿になります。第8期CMSPリーダーの石渡博之です。この2日間では第8期スタッフメンバーが12月5,6日に広田町に足を運んで感じたことを、読者の皆様に知っていただきたいと思い、『広田の「こんなところがステキ!』というシリーズで記事を更新していきます。

 

昨日の2日間、8期として初めてメンバー全員で広田町を訪れました。私自身は陸前高田市広田町は平成25年の3月に初めて訪れました。第3期CMSP参加者として、広田町のために大学生が一週間で何をするか本気で考える空間をもっと創りだしたいと思い、この約2年間関わっています。

 

月に1度CMSPスタッフとして広田町を訪ねることで、外部の若者ができることは何か考えることはありますが、毎回「またおいでね」と言っていただきます。

「来てくれるだけでもうれしい」、「孫みたいだ」といった言葉を今回もたくさんいただきました。

お茶やお菓子を頂いて、楽しくお話をしたり、農作業をお手伝いしたり、お互いの昔話をしたりすること。ただ一緒の時間を過ごすだけでも嬉しいと言ってくださる方々の『温かさ』を何度も感じた2日間でした。

 

ぽん一枚目

 

会って間もない僕たちのことを温かく迎えてくださる方にとって少しでも、小さなことでも私たちだからこそできることをやり、笑顔を増やしていきたい

そんな想いをこの広田町に来ると感じます。

 

広田町に出会ってまだ2年間、さらに5,6日で初めて出会った方もたくさんいます。3月のプログラムに向けて毎月広田町に訪れますが、一回一回の出会いを大切にしていきます。

 

『出会いが人を変えていく』

 

私が広田町で感じ、好きな言葉です。

これから半年間どんな出会いがあり、何を感じ、どんな明日に向かって走り出すのか。人との出会いが人の明日を創りだし、素敵な出会いがこの広田町でできることは間違いないでしょう。

 

 この記事やこれからスタッフが発信していく記事に少しでも何か感じることがあれば、ぜひ広田町に来てみませんか? 

ぽん二枚目

 

関連記事

  1. 「温かい何か」

  2. 踏み出したいあなたへ

  3. 広田より、メリークリスマス!

  4. 「アットホームな説明会でした!!」

  5. 毎日の過ごし方の変化

  6. 「僕がCMSPに何を求めているか。     2016年3月、何を超えよ…

  7. 一人の大学4年生の半年間

  8. 「この7日間だからこそ」の可能性

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉