野菜から始まる繋がり

春季ChangeMakerStudyProgramスタッフ有薗文太

文太3

 

 

皆さんは、日頃食卓に並んでる野菜たちが、どこで作られているか知っていますか?そう、それは畑です。誰もが一度は、学校の社会科見学などで、畑に赴き、直に野菜の栽培を目にしたり、収穫したことがあると思いますが、海や山に恵まれた自然いっぱいの広田町では、一家に1つマイ畑を持つくらいに人と自然が強く結びついていて、畑との付き合いが長いのです。

文太⑦あいり1

そんな広田町を舞台に、僕はCMSPの6期参加者として関わっていたのですが、活動の中で一番印象に残ったのは、畑で獲れる野菜が一種のコミュニケーションのきっかけになっていることです。広田町では、道行く人が挨拶もそこそこに、朝自分の畑で獲れた野菜をビニール袋一杯につめて持ってきてくれたり、お茶っこで手作りの野菜料理を振る舞ってくれるんです!!お昼に食べた、あのみずみずしくて、シャッキシャキ、そしてほんのり甘いパプリカの味が忘れられません。調理も何もせず、ただ洗って切っただけのパプリカは、日頃僕が食べてきたそれとは全くの別物でした。また、獲れたて新鮮野菜を味わいながら、町の人といろんなお話することがとても楽しかったです!野菜から始まる繋がりというのを実感した瞬間でした。

文太⑤ 文太4

 

広田町にいろんな人柄の人がいるのとおなじで、畑にも様々な畑があって、そこで獲れる野菜は例え同じ種類の野菜であっても、各々で違う表情をしています。それはその野菜のバックグラウンドの違いであり、その野菜を口にして初めて、栽培している方々の人となりを知ることができるのではないかと思っています。皆さんも、広田で獲れたフレッシュな野菜から広田を見てみませんか?きっと新たな視点が得られるはずです。

関連記事

  1. 連続した関係性を育てよう。

  2. この先になにがあるのか。

  3. 見つめること

  4. 広田の魅力〜ちょっと違った視点から〜

  5. あの町はとんでもないものを盗んでいきました。

  6. 終わりっていうのは、何か新しい始まりなんだよね。

  7. 人生は…決断。

  8. 思いやりの巡る暮らしって素敵

年月別

Change Maker Study Program by Change Maker 事業部

岩手県陸前高田市広田町字山田52-6
TEL : 0192-47-5747
E-mail : changemakerprogra01@gmail.com