6期CMSP参加者の声~星野 睦弥~

 

今回はときやこと星野 睦弥の声を発信していきます。

 

 

星野 睦弥(ときや)

この7日間を通して、人のために行動するということに改めて本気になることができました。

他の人のことを想い、他の人のために何かするということの大切さを再確認できた非常に有意義な時間だったと思います。

 

宮城の仙台で生まれたものとして、東北という地には少しばかり縁があり、第二の故郷と言えるような場所です。

そのような中で起こった東日本大震災は、とても人事ではなく大きな衝撃を受けました。

揺れを感じた後に携帯で状況を確認した際、大きな津波が三陸に向かって襲おうとしている映像を見てしまいました。

今までに見たことのない規模の惨状を見た時は、どうしたらよいのか分からなくなり、自分ひとりでは何もできないと無力感を感じました。

直後の夏休み、被災地がどのような状態なのかは知っておかないといけないと思い、仙台を中心に沿岸部や内陸部も見て回りました。

この経験は非常に大きな意味があったと思っています。

被災者の方はとても精力的に活動していましたが、人手に困っている状態だったのです。

たった一人の小さなものでも、思いやりの気持ちを持って何か行動することが大切であると感じた、そのような経験です。

 

そして縁があって参加した今回のCMSPですが、この時期にできる活動はどのようなものなのかあまり想像がつかないでいました。

ただ過去の活動内容をスタッフに聞いたり、体験プログラムなどで実際に地元の方と話をしたりするうちに、その方々が笑顔になれるようなことをすれば良いのだと感じました。

そして皆で一生懸命時間をかけて考えたAPを実行した際、参加していただいた方々の多くの笑顔を見ることができ、心から感動しました。

これこそが自分ではない他の人のための本気の行動であり、その大切さを改めて実感した瞬間です。

 

このようなことを経験し自分の中で何かが変わったかというと、180°変わったというものは無いかもしれません。

しかし、人のために行動することの大切さを再確認できたことはとても大きな価値があると感じています。

それこそが自分の中の最大の変化なのではないかと。

この後の生きる上での自分の芯となるものとして、しっかりと胸に刻みたいと思います。

 

ときや1 ときや2

関連記事

  1. 北島紗恵「幸せに気付く心」

  2. あなたのその言葉で

  3. 「“変えたい何か”があるあなたに朗報です!」

  4. 人との出会いと、関係を築くことの素晴らしさ

  5. 6期CMSP参加者の声~瀬町 嵩浩~

  6. たった一週間で中沢浜が大好きになりました

  7. 6期CMSP参加者の声~高橋 理沙~

  8. 古木小百合「今後に繋がる2つのこと」

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉