6期CMSP参加者の声〜青木 成美〜

今週はCMSP6期に参加してくれた参加者の声を随時発信していきます。

CMSPを経て参加者がどのようにgoodな変化を自分自身、広田町、共に過ごした仲間に起こせたのかをぜひ感じてください。

それでは、まず1人目の青木 成美(なる)からご覧ください。

 

青木 成美 (なる)

広田町での7日間は、広田の人やCMSPメンバーのみんなの想いや考えに対して、本気で向き合う7日間でした。

私は今回のような、知らない町に行って他大学の人たちと何かやり遂げるといった経験はこのCMSPが初めての体験となりました。

プログラムが始まった時は、町のために何かするとは実際どういうことをするのか、私たちに何かいい影響が与えられるものなのだろうか、まず広田の人とちゃんとお話しできるか、本当にいろんな面でのたくさんの不安がありました。

しかし、広田に行き一日目、二日目と過ごしていく中で広田の人やCMSPのメンバーとコミュニケーションを交わし、互いを知っていきました。

わずかな時間だったのかもしれませんが、町の人と向き合い、メンバーと向き合い、一日一日が大切な日々となりました。

行く前は町のことも広田の人のことも知らないことが多かったけど、実際に交流して関わりを持って広田に行ったことで、広田のために何かしたいという想いが確実なものに変わりました。

また、CMSPの7日間で人に意見したり、自分の考えを述べるのはすごく勇気のいる事で難しい事だけど、人と生きていくために大切な事だと実感しました。

今までの自分なら、どこかで妥協してたり諦めてたり、面倒なことだと思ってました。

広田での7日間はそれが180度変わった日々でした。

アクションプランを考えていく中、何度もメンバーとの本音のぶつけ合いまいました。

出会って1週間も過ごした事ない人と本音を言い合うなんて事は人生で初めての経験でした。

たくさん本音をぶつけあって、チームとして日々成長してる、前進していると毎日実感していました。

始めは、メンバーとは広田での7日間が終われば会わなくなる関係なんだろうなと思っていましたが、本音も言いあえる一生付き合っていきたい仲間になっていました。

このプログラムに参加して、自分では分かっていても自分自身から逃げ向き合ってこなかった事に向き合わせてくれました。

互いを理解し合うにはとても大切な事を、広田の人に触れてメンバーと過ごす日々の中で気づかせてくれました。

 

なる2        なる1

関連記事

  1. 本気になれば想いはちゃんと伝わる

  2. 中村晏子「「笑顔にしたい」と心から」 

  3. 西念健登「もう一つの故郷」

  4. 6期CMSP参加者の声~高橋 理沙~

  5. みんなありがとう!

  6. 聞き上手から話し合い上手にLevel up!

  7. 広田に行かなければ、出会えなかった幸せ

  8. 『本気で“向き合う”の先には』

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉