町民になって初めてのCMSPは素敵でした。

Change Maker Program事業部長 岡田勝太
IMG_3582


ご無沙汰していました。
この1ヶ月は、第6期Change Maker Study Programに
他の地域の行事にと慌ただしく過ごしていました。

続けてきて3年目になるCMSPですが
この6期で更に大きな前進をする方向性
そのためにブラさない本質が見えた、
そんな期になりました。

逆に言えばそれさえできていれば
どんなプロジェクトにでもなれる、そんな可能性をまた感じています。
この第6期で見えたことは
「当事者になること」で「人は変わっていける」ということでした。

このプログラムで人生が変わったという人は

「この目の前にいる人の人生のためになりたい。」

そうやって自分の人生の時間を掛けるに価する
何かを期間中に見つけて、本気で行動する。
その中で今までに出会えなかった自分、知っていたけど目をそらしていた自分と出会う。

町のためっていうけれど
もっともっと本質的には
その町に住む誰かに笑顔になってほしいから
自分の行動を変えてでもやることができる。

12042032_973942096006797_1812035239_n

この町を通して出会った人たちへの想いが
それに応えるために精一杯やってくれる町の人の想いが
本当の意味での当事者としての行動を引き出し、人生の大きな1ページになっていくんだと思いました。

そういう風に1週間で想える人が広田町に溢れていることが素敵だし
なによりもそういう場所だからこそ、このプロジェクトは成り立っているんだと思います。

広田町に移住して、町民になって
初めてのChange Maker Study Programは
すっごく人の思いやりや温かさの溢れるいいプログラムになりました。

12029044_973942082673465_1295515918_n

次の7期よりまた、大きなチャレンジをしていくことになると思いますが
それでも本質の部分は変わらない。
ずっしりこの3年分の想いや学びを昇華させていきたいです。

6期のご報告がここ1カ月ほどの記事の中心になっていくと思いますが
ぜひ、この6期で何があったのかを一つ一つパズルのピースをはめるように
楽しみにしてご覧いただければと思います。

12026483_973942056006801_926217726_n

では!

関連記事

  1. 小嶋諒生「たった一人、あなたのために」

  2. 「まだわからない!」

  3. 『想いの先』

  4. 広田からおばんです~現地の方々の声~ vol.5

  5. CMSPを通して

  6. 一歩踏み出すと、決める

  7. 「7日間」という可能性

  8. 真摯な姿勢

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉