連続した関係性を育てよう。

Change Maker Program事業部長 岡田勝太
IMG_3582


◯広田町の暮らしをもっと知ろう◯
今、僕らの中でもっぱらの話題は「暮らし」をどうやったら楽しくできるかどうか?
実は普段何気なくやっている「暮らし」にはものすごいポテンシャルが秘められていると思っていて
そこから学べることって結構あると思うんです。

そこで、ここ最近は広田町の暮らし方に迫るために
「鞄持ちwith広田町の皆さん」をやっていました!

まず、広田町の人に「鞄持ちさせてください!」と伝えると
「??」という反応が返ってきます。汗

「伝わらない!」ということで、「丸一日生活体験」ということで伝えていましたが、
いつの間にか「追跡調査」と名が付いておりました。笑

ということで追跡調査(笑)で感じたことをつらつらと。

◯朝は暮らしの醍醐味が詰まっている◯
だいたい朝は、6時集合とかです。
でも6時に集合するとだいたいひと仕事終わっているんですね。

「今日何時に起きたんですか?」って聞くと大体が4時〜5時です。
やっぱり朝が早い!朝仕事は大体が畑仕事とか
海に仕掛けた魚の罠を取りに行くなど
朝の時間に一日の食材を取っているんだな〜って感じです。

11778055_941195712614769_1409590388_n

東京にいた頃は、まず食材を取りに行くっていう感覚が全くないから
とりあえず、朝はコンビニでとか何がその中に入っているかもわからないおにぎりを頬張っていた。

でも、地域の生活は違う。
自然のままで時間が流れるから食べごろを逃せば美味しくないし、
食べごろにありつければめちゃくちゃ美味しい。

11787417_941195819281425_2136149486_n

◯連続していく暮らしがすごい◯
あと、東京という場所で当たり前に提供されていたサービスは
とても便利だったけど、そこに対して自分は何にも感じなかった。

あって当たり前。

だけど、本来だったらその中で育まれる人や自然との関係性があって、
その関係性が便利になりすぎることで失われているんだってこの朝のひと時に体感する。

こういう関係性ってすごく人生を豊かにするんだと感じる。

やっていること農業とか漁業はもちろんすごいけど
この暮らしの関係性の中に身を置いて
当たり前に循環させていることが素敵だなと思う。
11721871_941195749281432_712950042_n

◯暮らすことを楽しもう◯
だからって、この広田町の生活をいきなりはできないのである。
今までの生活とはかけ離れすぎて「いい!やってみたい!」ってことはわかっているけど難しい。
あとは、もちろん大変そうだという場面もある。

だから、自分たちなりに上手い具合に暮らしの中に取り入れていけばいいんだと思っています。
無理にやろうとしたり、効率的にやろうとすると楽しさがぽろっと落っこちちゃうようなことだから
一つ一つを楽しめる工夫を考えて、関係性を育てていこう。

広田に住む人も「この暮らしが当たり前だ!」と言いながら
やっぱり楽しそうで笑顔がほころぶ毎日を送っているのが、

これ   また面白いのである。

11749537_941197479281259_1113655042_n

関連記事

  1. 私は如何にして心配するのをやめてAM0:00を愛するようになったか

  2. 抱く想いに素直になり、熱くなれた自分

  3. 僕たちは何のために「Change」を創り出しているのか。

  4. 『今期プログラム概要』 僕らの中にある”好奇心”に従って

  5. 変わっていくこと・変えていくこと

  6. 野菜から始まる繋がり

  7. 初めてだから始まること

  8. 6期から次期プログラムへ

年月別


LINK

  • 特定非営利活動法人SET
  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉